<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

SING FOR HAPPINESS

c0133653_7531780.jpg

音楽の道目指してた大学の先輩が、
私たちの卒業の時に、
手作りのアルバムを作ってくれました。

その先輩はもちろん今でも音楽やっていて、
ふと無性に聴きたくなって引っ張り出してきました。

初めて聴いた時はそんなにキャッチーでなくても
聴けば聴くほど好きになっていって、
飽きない曲。
ってゆうのが私の好きな曲なんだけど、
佐藤竹善さんの曲と、
このアルバムの曲がそうなんです。

先輩のセンスはすごいと思っていて、
いつか絶対もっと広く世に認められるときがくると
信じています!
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2012-04-30 08:27 | おんがく  

真夜中の手紙

c0133653_9283214.jpg

宮本輝さんのHP上の投稿をファンの要望でほぼそのまま本にしたもの。


その中に下記のニュースについて立腹した旨書かれていて
初めてそんなことがあったんだと知りました。

 2011年3月27日
【米国】「津波が日本の捕鯨産業を打倒した」
  ニューヨークタイムズ記事に日本領事館が抗議


NYT紙と言えば、内容は知らないけど名前は聞いたことのある
有名な新聞だと思うんだけど、
こんな記事にGOが出るなんて、
見識が疑われるというか、
感覚がわからない。


あと、この本には、
“現代の日本人の心はとってもすさんでしまっている”
下品で、安っぽくて、世も末…、
ちょっと語弊があるけど、
大要そういうことがよくつぶやかれている。

日本人全体がそうなのか、
ただマスコミがそういうのをもてはやすというか、
いかにもそういうのがはやっているかのように煽り立てているだけなのか、
私には全体的なことはわからないけど、
少なくともマスコミは、そうだと思う。

パニック障害と長年つきあってきて、
心が研ぎ澄まされている彼の言うことだから
ほんとに日本人の多勢がそうなのかもとも思う。


シルクロードを旅した時に、
ある町では、電気が貴重で、
夜は真っ暗、よく停電も起こる、でもろうそくの明かりで過ごす、
日本の夜は明るすぎる、
もっと星の光を楽しもうよ。
夜は暗くして、
心身を休ませようよ、

ってことも書いてあって、
わたしも「そうだなぁ」って思った。

島根の夜は割と暗いところも多いけど、
東京に住んでいた時は、
渋谷・新宿なんかは、
夜でもまぶしいくらいにギラギラしていて、
あんなの見てると、
ほんと不健康というか、心がすさみますよ。

ことしも、夏場の電力不足か!?
とかニュースが流れているけど、
いっそのこと夜は電気なしでろうそくでいこうよ…

いや待てよ、せめて扇風機はついてないと困るなぁ。
夜だって熱中症のお年寄りが出てしまうよね。
病院も電気ないと困るよな。


電灯だけに限定して消すことにしよう!

防犯上危ないことも多々ありか!?

でも、コンビニは閉まっててもいいけど、
夜間営業を止めにするにあたり
いろいろ経営上の準備が必要よね。



まぁ、いろいろ波動がありますが、
それらもすべてクリアして、
”夜は暗い街づくり”
これは是非その流れになってほしいなぁ。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2012-04-29 09:53 | ほん  

JUMP!!

c0133653_8162031.jpg

さくら、終わっちゃったね。


GWどこ行こうかな?


映画も大好きだけど、この曲も大好き!!!!
きのう息子が引っ張り出してきたMDで久々に聴いたら、あがった↑↑
Love Actually Soundtrack-Jump For My Love
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2012-04-28 08:22 | おんがく  

いきなり、久々に、ふと、思い立ったように。。。

c0133653_2251559.jpg

これは太巻きです。
きのうNHKで80歳を超える女性の料理研究家の方が教える
太巻きの作り方が放送されていました。
そのぴっちりとたっぷりと詰まった具と白いご飯と黒いのりのコントラストが
きれいで、いつかこれをモチーフに何かを描きたいと思ったもので、
書き留めておきます。

半年ほど更新がされていなかったね。
その間に何が起きていたのか。

忘れました。

あと1週間ほどで息子は1歳になります。
”こどもは産まれて1歳までの間に、
笑顔で親を幸せにして一生分の親孝行をする。”
(だからその後、親孝行しろなんてせがむな。)
的なことを新聞で読んだけど、
いや、本当に、かわいくってねぇ。
いつも、
「そんなにかわいくてありがとう」
って気持ちです。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2012-04-27 22:58 | つれづれ