<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

いつも思うこと...

なので、考えを論文にまとめてみました。
ただ徒然しただけど、、、?

いもちゃんの親友がご結婚されました。

なんで、結婚式ってあんなに感動するんだろうか?
第一の人生のスタートがこの世に産まれた時だとしたら、
第二の人生のスタートと言えるくらい「この世に産まれる」ってことと
同じくらい重要な出来事であって、
その人に出会えた奇跡とか、
それまでの人生がぎゅっと濃縮されて思い出されたり、
だから??

第二の時は、
それまで、主に支えてくれたり(少しは支えて)したのが、
親から檀那さんにバトンタッチするから、
だから、親に「これまでありがとう」ってお別れみたいに言うんだね。
しかも、これまではほとんど支えられる方だったのが、
しかもわたしの場合、特に、
自分が「支える」ってことはほとんど必要としない
親だったからほんと甘えっぱなしで。
それでも生きてこれた。
それが、第二の人生がスタートする時には、
支えてなくてもダイジョブ。ってノリではなさそう。
こどもが産まれたら特にね。

ま、いろいろごちゃごちゃ書いてみたけど、
やっぱり理屈抜きで結婚式は感動しちゃうよね。

そんな荒波・苦労に飛び込もうって腹が決まったことに
対して、また、そういう人に出会えたことに対してひとは
「おめでとう」というんだよ。
って印象的なことばがあったな。

何の関係もないけど、
c0133653_17114173.jpg

あぁ、おいしそうだなぁ。
ふわっふわのロールケーキを
1本丸まる食べたいなぁ。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-12-16 17:12  

ゆず

c0133653_17111761.jpg


職場でゆずを頂きました。
3ケ。
冬至の日にお風呂に入れるんだね。
ゆずとか、しそとか、スパイスを上手に使えるようになりたい。
料理上手って感じ!

冬至のはなしに戻って、
実家では冬至は特に何もしなかったので知らなかったよ。
そこまで熱心に行事にこだわる両親ではないのだけど...
豆まきはやってたな。
誕生日も何となくやってた。
「がんばったね!!」ってゆう時は、
外食も連れて行ってもらった。

みんなで夜にお食事して、「あ~、楽しかったおいしかったねぇ」って
わきあいあいした後に、
父が(今から思えば)飲み直しって感じで、一人で消えて行った時は
淋しかったな。そんなことは1回だけしかなかったけど。
やけに憶えてる。
ま、やけ酒したくなる時も、そりゃぁ、家族思いの父にだってあるよね。
って今なら思ってあげられるから暗い思い出ではないんだけどね。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-12-10 17:12