<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

花とか

c0133653_23415074.jpg

いもCに電話したら、途中シャカシャカ音がし出して、「歯ぁ磨いてるの?」フツーに「うん。ナンかザラザラしてさ。」だって。歯磨いてたらしゃべれないじゃん!私もマイペースって言われるけど、更に上を行く相変わらずのマイペースっぷりに笑えた。ちなみに父は更にその上をいきます。

じっさい、活かされてるよあたしは。
引き出してもらってる。周りの人たちに。実感するわ。
一人では何もできやしないのに。
いや、ほんとに本気でありがとーーー!いやほんとほんとって叫びたいくらいなんだけど、
昔からよく「感情がこもってない」って言われるくらいだから、
ほんとはもっと情熱的に言いたいくらい思ってるのになって思うことよくある。特にそれがダメとか思ってないけど。どうしても照れを捨てきれないのさ。そんなもの捨てたっていいのにね。照れが何してくれるのさ。とか言って。だからこの写真に込めるから。くさいξ?
c0133653_23565159.jpg
c0133653_2357773.jpg

*ξ(これギリシャ文字でクサイっていう文字みたい。変換したら出てきた。)
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-04-29 23:42  

5:30amのあさひ

c0133653_2254596.jpg

こないだ、なんだか朝早く目覚めた時の朝日。手前に見えますのは、洗濯棒です。
さっき家の中で転んだ025.gif明日絶対青タンだわ。今朝も早く起きて外に出た。そしたら、6時前にもかかわらず電信柱の所で、身じろぎ一つせず膝を抱えて座っているおばさんがいて「え!?」って思って、何回も見ちゃった。恐くない?じーーっと見つめていたら、ただの荷物だった。ちょっと恐かった。結構こういうことが多い。そんなはずないのに、いろんな物が人に見えてしまうことが。こどもの時も、寝る時にちょうど目の前にある天井の木目が目に見えて恐いって言ったら母がシールを貼ってくれた。(押入れを改造してベッドにしてたから天井が近かったの。)こうやって書いてみるとばかっぽいね。そのシールが目玉のオヤジだったらちょっとおもしろかったね。
ちょっとした出し物でエド晴美をやることになった。正確には晴美の声をね。「人前で『コー!!』の顔はできません!」ので。そういうわけで、練習します。「さぁみんな、調子はどぉ~う?」ってちょっと艶のある声で。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-04-26 23:19  

タイミング悪いよ

c0133653_3545729.jpg

久々に寝込むほどの風邪をひいちゃって昨夜も熱が上がるばかりなので20時には寝たので、NHKのクラシックしかやってない時間に起きちゃった。今日明日会社は休めないよ。でも寝てるばかりじゃつまらなくなってキッチンの大掃除ができた。

こないだ子供達がやってくれた人形劇に感動して泣いた。「月の世界ではどうしていつもはいじめっ子のあの子まで優しいの?」「これが本当の姿なんだよ。」「でも、地上のあたしの頭には金の冠も、背中にはマントもないよ。月の王女さまと同じじゃないよ?」「太陽の光で見えなくなっているだけで、本当はやさしさの王冠と、勇気のマントがちゃんとあるんだよ。」とお月様は言いました。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-04-21 04:04 | 感動  

無題

700年も昔の聖人が書いたことだけど、いまでもけして過去のこじゃないと思ったことば。「10人の子供を養い育てる親はいても、親をそんなに養うこどもはいない。」たしかに親一人養えない、自分だけで精一杯さ。「夜は夫の暖かい懐で眠ってる時に、一人足を冷やして眠る母を想う妻はいない。」こどもは概してそういう風になっちゃうから、親孝行しようねっていうことば。

おんがくのこと。両親は、楽器はやらないけど2人ともいつも何かを口ずさんでいた。だから家族みんな歌うことが大好きになった。小学生の時は、暇さえあれば音楽の教科書を1ページ目から最後まで歌うということをやっていたな。レコードプレーヤーが初めてうちに来た時、クラシックしかなかったけどうれしくて鳴らして聴いてた。「白鳥の湖」が流れると、母が飽きもせず毎度必ず学芸会で主役として白鳥役をやったことを話してた。彼女の中で最高の武勇伝だったんだろうね。今なら「その話何回も聞いたよ」って言いたくなっちゃうけど、こどもの時は純粋だから何のつっこみも入れず母の武勇伝を何回も聞いてたことがおもしろいね。ま、でも最近もつっこみは入れないようになった。同じ話をしていても「母も年とったからかなぁ」って思って聞いてる。帰省するときはいつも空港まで車で迎えに来てくれるんだけど、家に帰るまでの車の中で私が疲れて何の相槌も打たなくなってもずっとしゃべってるよ。「相槌しなさいよ」って妹に叱られるんだけどね。妹はそういうとこよく見てるんだよ。あたしが、母に言われたことでちょっと不機嫌そうにすると「いらつかないの。」とかさ。でも、あたしも妹と母が喧嘩してたら「喧嘩しないんだよ。」って言ったり、「えみこ激怒しています!」って茶々入れてみたりする。家族っていいね…。あれ?おんがくのことは?
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-04-19 23:08  

結局朝まで

c0133653_575499.jpg
c0133653_581087.jpg

写真はご馳走になったきれいなさくらご飯とかわいいコゥちゃん。
昼間から飲んで、お家帰って変な時間にうたた寝したら眠れなくなって結局朝になって、一っ走りして戻って来た。眠れない時って、普段は寝ている時間だから脳と体は寝るモードで、起きてても有意義なことはできない。だからいろんなこと考えた。ほんとに最近は結婚する人が多くて、そのことについて考えていたの。自分がこどもを育てることとか、さ。そして父と母にどんだけしてあげても返し切れないほどいっぱいいっぱいしてもらったんだなぁ。ってつくづく思った。お金のことで言えば、大学の4年間で学費・仕送り・家賃で…って計算してみたら、余計にそんな思いが強くなって…。
たとえ、明日急に両親の人格が豹変して私を罵倒しても(そんなこと有り得ないけど。)、それがあと20年続いても、目をつぶってあげるくらい、そのくらい何があっても両親に恩を感じていくよ
うにしよう、何ができるかなっと思って泣き虫タエコは泣いていました。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-04-13 05:31  

どんなときも

ない時はないけどある時は重なる、これ不思議な、普遍的な(は言い過ぎ。)法則です。
12月に2回行ってしばらくなくて「つまんないな、そろそろ誰か結婚してくれないかなぁ」
って思っていたら5月に2回来たよ。
人の結婚式を楽しみにしてる場合ではないのにね。
もうそろそろ一人の自由には飽きてきてたりしてたりして。

「どんなときも笑顔で」とか「どんなときも」って良く聞く言葉でサラリと流していましたが、実際難しいよ。
「『どんな時も』っていうことは、『こんな時も』なんだよな。」って思うときもある。
最近のわたしのモットーは「どんなときも腐らない」っていうことなのです。
腐る=ふて腐れる、「あんな人、もういいよ!015.gif」って投げやりになる、諦める、ヤケのヤんぱちになる…
腐る⇔相手がどうあろうと自分が良いと思うことをしてあげる、朗らかさん058.gif、七転び八起き。

イツノマニカ始まった「今日のパンコーナー」
c0133653_22365445.jpg

ドイツパン…食べたことある?すっごいずっしり重くて普通のパンの倍くらい重たくて、普通のパンの半分も食べればお腹にずっしりくるの。少量をよーく噛んで麦の味を楽しむ感じかな。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-04-11 22:46  

フレンチトースト

c0133653_21102859.jpg

フレンチトーストってすごい大好きさ!毎食パンでもいいってくらいパンが好きなんだけど(太るからそれはしないけど)、フレンチトーストが一番好き。
このスリーエフの「フレンチロックタルト」って言うのが激的に好きなんだけど、スリーエフってなかなかないね。こないだ休日朝6:00に起きっぱなしな格好でこれを買いにスリーエフに行ったら、知り合いがバイトしててさすがに髪も何もかもボヒャボヒャすぎて、そこまで女を捨てることはできなくて(知り合いじゃなかったら捨ててたけど。)買わずに帰って来たよ。
c0133653_21134418.jpg

もう一つの写真は、ホテルオークラのフレンチトーストだって。おいしそうだね。
飽食の時代ですが、なんか貧乏性な私は、できあいの物(お惣菜とか)を食べたり、外食したり、好きな時に好きな物を食べるのって、なんだかすごく贅沢な気がしてしまう。自分にご褒美の日とか、誰かと食事っていう時は、その分存分に楽しむ。ま、いい意味では節操があるっていうかね。日々自炊をしているよ。(今日はゴーヤチャンプルを作ったら、感動的に激ウマだった。)
というか、そんなこと(好きな時に好きな物を食べること。)やってたらみんながみんな太っちょになっているはずだから、こんなこと言わなくてもみんな当たり前にそれなりに我慢してるのかもね。

ここんとこ2回はダラダラ書いてます。
これからもダラダラはつづく…。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-04-07 21:32 | おいしい  

さくらが散る前に。

桜が撮りたくてカメラを買って初めての春を迎えたのに、
今年は桜を楽しむ気持ちになれない日々で、でも後悔したらやだから風邪でだるい体をおして見てきました。
c0133653_21395540.jpg

やっぱり心次第で世界ってこんなに変わるんだなぁって実感。
桜がきれいできれいで泣けるほど心に感じることができた春もあったのに。
だけど、18の春に桜の本にこの八王子にやって来たそのことを思ったり、
桜から連想される人のことを思って泣きそうになった。
c0133653_21403821.jpg


沈丁花のいいにおいがする。あの花は見た目は良くないけど、香りは大好きさ。

こないだは職場飲み会があって、駅に行ったら新人さんがいっぱいいた。
背広を着こなせてない人を見て「この人は新人かな」「この人もそうかな」
とか思いながらすれ違った。
楽しい飲み会だったよ。笑い過ぎて苦しかった…。
いっぱい笑って、ナチュラルキラー細胞とか抗酸化的なものとか、いろんな心と体にいいもの達が分泌された感じがした。だって次の日お肌がいつもよりつるつるしたし。

来週は、学生の頃のバイト仲間と集まるから楽しみだなぁ…。何かおいしいものを作っていこうか。

赤坂サカスのオープニングイベントのクリスタルケイのライブ応募したのに外れちゃった。

英語もっと話せるようになりたい。

「心に何を描くか」で人生は決まる、って。
わたしって行き当たりばったり的で目先の小さい目標は考えるけど、おっきい、もっと未来のことってあんま考えてなかったりするからもっと大きいものも描いてみよう。
このつぼみっ子達はこれから咲くんですから。
c0133653_21463619.jpg


…そんな春です。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-04-05 21:49