カテゴリ:感動( 13 )

 

花火大会

c0133653_7295076.jpg
c0133653_9212495.jpg

きのうは、だんなさんは朝6:30~、
2時間半たっぷりと実家の外掃除のお手伝い。
わたしはその間グースカ寝てました。
その後だんなさんの幼馴染一家とランチをして、
飛鳥太鼓の公演を聴いて、
若く逞しいイケメン達の勇姿に
「あぁ、最近あんまり見ないけど日本男子ってこういう
逞しい面も持ち合わせているのか。
日本の誇りとして大いに世界で活躍してほしいな。」
と爽やかに感動し、
夜は楽しみにしていた花火大会へ041.gif

歩いて20分強のところに日本?大湖の大きな宍道湖があって、
そこでたっぷり1時間、8000発の花火が打ち上げられました。
花火大会と言えば、最後はたっくさん連発して終わるという
ワンパターンの流れなのですが、
やはり最後の度迫力には毎度初めて見たかのように
感動071.gifします!
「花火師さん、
きっと汗まみれで、
危険と隣り合わせの緊張状態の中、
私たちのこの感動している姿を見ることもなく、
一生懸命チャッカマン片手に(?)火を付けてくれていたんだね。
花火師さん、感動をありがとう!!」
って感謝の気持ちになりました!
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2010-08-02 09:37 | 感動  

かわいいおばあちゃん

c0133653_20523828.jpg

きれいな花を咲かせていたのは…
c0133653_205395.jpg

このかわいいおばあちゃん。
近所のおばちゃんのお友達。

80歳を過ぎているとは思えない元気。
お顔を撮るのは失礼かなぁと思って、
みんなにお見せできないのが残念でならないほど、
お顔もツヤツヤでかわいいかわいいおばあちゃんでした。
畑でせっせと働くこんなおばあちゃんがいる島根が大好きです!!

今度ちゃんとしたカメラ持参でおばあちゃんの姿撮らせて頂きに
行こうかなぁ。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2010-06-16 21:17 | 感動  

映画観たいなぁ

わたしが惹かれるのは、だいたい単館系。
ドキュメンタリー映画とか、何気ない日常系とか、ヒューマンドラマ系。
だから映画館じゃなくても充分楽しめるものばかり。

今気になるのは、中国映画。
「トゥヤーの結婚」。
雰囲気的にこういうのが好き。

あと、secret sunshine
「最愛の息子を失い、理不尽な運命に打ちのめされたヒロインの魂の彷徨と再生への道のりを、抑えたタッチで丁寧に綴ってゆく。」こういうの惹かれる。
中国の悠久な自然とか、懐かしい村とか、昔ながらの裏路地とかいい雰囲気な映像とか出てきたらいいなぁ。
c0133653_21275358.gif

c0133653_2128869.gif

c0133653_21282413.gif


こないだTVで「世界の70%の人は電話を使ったことがない。」
っていう企画で、中国の山奥の村に住む母親への息子からの
手紙を届ける郵便屋のおばちゃんの話を見た。
その村へ行くには富士山より高くて険しい山や、峠をいくつも越えて、
馬に乗ったり馬をひっぱったりしながら2日がかりで行く。
そんなわけでその村へは1ヶ月に1回しか行けない。
その息子の手紙を受け取るお母さんは字が読めないから、
郵便のおばちゃんが読み聞かせてあげるんだけど、
いつもおばちゃんはその息子さんのやさしさにもらい泣きしてしまうんだって。

なんか、そういうあったかい映画が観たい。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-06-19 21:31 | 感動  

おめでとーーーー!!

c0133653_742304.jpg

男バレ、アルゼンチン大接戦だったみたいだね!
だってフルセットにもつれ込み、最後は20-18で近差で勝ったんだもの!
植田監督が最後のインタビューで、支えてくれた先輩に感謝して、
試合には出れなかったけど、一緒に練習した選手のこと言ってたので、
この監督ならいいチームになるなぁって思った。

わたしもバレーボールやってたからわかるんだけど、
スポーツ全般そうなのかもしれないけど、
ほんと精神面が出るんだよ。
初め、わたしが中高の時出てた38歳荻野選手が出てるの見たとき、
ちょっともうトシだし厳しいんじゃない?って思ったけど、
やっぱ、みんなが弱気になる時、荻野が後輩たちや若い選手の
めっちゃ支えになっていて、そこがまたドラマですよ!
彼をチームに入れたのも正しい選択だったね!
オリンピックメダル取ってほしいなぁ。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-06-08 08:18 | 感動  

北京行ってほしいな

c0133653_2293578.jpg

さいきん、9:30前に家に帰ったら、いの一番にTVを付けます!
見逃した日は、携帯でスポーツ情報にアクセスして速報を見ます。
普段スポーツってあんまり見ないのに、今、男バレにはまっているのさ。
イタリア戦!! っっっか~、悔しかったねぇ!!
周りに誰も共感してくれる人がいなかったので、ここに書いてみた。
あ~、越川選手、かわいいなぁ。キメテくれるしさ。く~っ。
スターにときめく…夢見心地ですわァ。

きょうも、いい出会いがあって、ガソリン入れに行ったら値段沸騰してたけど、
よき日だったなぁ。
仕事もさいきんたのしい。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-06-05 22:17 | 感動  

リスペクト

佐藤竹善
これ見て。これ見て!
素敵なドキュメンタリー。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-05-02 09:59 | 感動  

タイミング悪いよ

c0133653_3545729.jpg

久々に寝込むほどの風邪をひいちゃって昨夜も熱が上がるばかりなので20時には寝たので、NHKのクラシックしかやってない時間に起きちゃった。今日明日会社は休めないよ。でも寝てるばかりじゃつまらなくなってキッチンの大掃除ができた。

こないだ子供達がやってくれた人形劇に感動して泣いた。「月の世界ではどうしていつもはいじめっ子のあの子まで優しいの?」「これが本当の姿なんだよ。」「でも、地上のあたしの頭には金の冠も、背中にはマントもないよ。月の王女さまと同じじゃないよ?」「太陽の光で見えなくなっているだけで、本当はやさしさの王冠と、勇気のマントがちゃんとあるんだよ。」とお月様は言いました。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-04-21 04:04 | 感動  

なんてすばらしい!!

c0133653_21323579.jpg

「告発」を観た。
すごーーーーーーくいい映画だった!!
真実にもとづいて作られた映画。
貧困ゆえに妹のために5ドルを盗んだ少年を殺人を犯すまでに追い込んだ刑務所での話。ケビン・ベーコンの大っファンになりました!!!すごい、あの渾身の演技!!演技と言いたくないくらい。マーク・ロッコ監督の描き方も、伝えたいことの深さというか、その表現の仕方が深いというか、とにかく感動!!泣けた。観なさい!(ピー子風)

フィリップ・シーモア・ホフマン上、ジョン・キューザック下、トム・ハンクス、ティム・ロビンス(ショーシャンクの空に)、エイドリアン・ブロディ(戦場のピアニスト)…

c0133653_2211642.gif
c0133653_2214084.jpg


俗にいう性格派俳優、3枚目俳優。演技とか、存在感で光る俳優さんが好き。
ケビン、ぶっちっぎりで大好き!!
っていうか、映画を観ると大抵の主役を好きになり過ぎてしまう。
そいえば、うちの妹も小学生の頃ホームアローンを観に行って、しばらく毎日ホームアローンホームアローン言って、絵まで描いていたっけ。今のわたしはケビンケビン言ってます。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-03-28 22:20 | 感動  

夫婦茶碗

c0133653_2250224.jpg


すてきな夫婦の話を聞いた。
その奥さんは、看護婦さんで今も働いていて、こどもは2人。
こどもがまだ産まれたばかりの頃、
旦那さんの会社は吸収されて先の見通しが暗く、辞めざるを得なくて、
それまでのホワイトカラーから、畑違いの作業員になったの。
奥さんは看護婦辞めたくなかったから、男女平等で
旦那さんにも家事子育てできるよう、近くて残業少ない職場を選んでもらった。
旦那さんが「もっと違う仕事がしたい」って言った時、
「こどもがいるのに、仕事選んでる場合じゃない」って厳しく言った。
だけど、奥さんはずっと「申し訳ない」って思い続けてたの。
「女性はご近所付き合いとか、こどもの親仲間とか(仕事以外に)他にもいろいろ生きる場所があるけど、男性はやっぱり、社会の中で活きる(生きる)。
私が仕事辞める決心ができなかったばかりに、
家庭を守って、思う存分旦那さんを社会に送り出してあげられなかった。」
って。
で、ついこないだ旦那さんが昇格して、奥さんはことの他うれしかったんだって。
それは、お給料があがるからとかじゃなくて、旦那さんが社会で責任を
負って活躍できることが。その思いを、今までの思いを伝えたんだって。

ひとそれぞれだし、一概に男は仕事、女は家庭って決め付けはできないけど、わたしは、この方のことばジンと来たわ。なるほど!って思った。
だんなさんを思う心、すてきだなぁって、そんな夫婦愛に憧れるわ。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-03-07 22:56 | 感動  

ほっかいどうのお父さん

c0133653_22103186.jpg

同じ道産子の後輩のお父さんがお仕事で東京来てて、今夜は娘んちに来るって。
自分の父と同じ年代であろうお父さんを、
仕事と長旅でお疲れで、さらに、寒い雨の夜に歩いて帰らせるのは不憫で、車でお迎えに行ったの。
そしたらお礼にくれたのが、待っていたコンビニで買ってくれたこのアイスなの。
小柄なお父さんは、北海道の田舎でよく見かけた、冬のジャンパーを着てリュックしょって、
車に乗っても、わたしに話し掛けるようなそんな外面のよさは持ち合わせておらず、
娘とぼそぼそ懐かしい北海道なまりで話してる。
そして、「寒いから温かい物」という粋な計らいはなく、冷たいアイスをくれた。
(もちろん、冬でもアイスは大歓迎!)
そんな不器用な素朴さが、だいすきで、
田舎のお父さんのお陰で、懐かしくてあたたかい気持ちになったよ。
遠くから来たのに、ほんの短距離しか乗せてないのに、気を使わせてしまって申し訳なかったな。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2008-01-29 22:30 | 感動