カテゴリ:絵本( 1 )

 

ジョン・バーニンガム(英)

c0133653_937587.jpg

あれ…??
今、どこかから黒電話の音が聞こえてきた。
懐かしいなぁ。
ばあちゃんちはあの電話だったなぁ。
今となっては、敢えてあの音がいい。

きのうから、旦那様は一応盆休み入ったけど、
盆中に仕上げてしまいたいお仕事があって、
今朝6時までぶっ続けでお仕事して帰って来ました。
なので、いま、ピクリともせずに爆睡中020.gif
頑張り屋さんだなぁ…
すごい集中力に脱帽だゎ。

c0133653_944456.jpg

イギリスのジョン・バーニンガムさんの絵本、
「いつも遅刻の男の子」(邦題)。
遅刻の理由が荒唐無稽で、
先生とのやり取りが笑える絵本なんだって。
表紙の、しれぇっとした男の子と、
かえるみたいな目の先生を見ただけでも
なんか、そのやり取りの面白さが伝わってきて笑えるよね。

c0133653_94816.jpg

最近ね、
この”ちひろBOX2”という本を
図書館で借りてきて眺めているんだけど、
世界中の100人ほどの作家さん達の絵本が紹介されていて、
見てるだけで幸せになってくる絵がたくさん載っていて、
絵本っていいなぁ、いいなぁって、
世界中の絵本、読んでみたいなぁって、
しきりに思っているところなのです。

母が、ボランティアで絵本読み聞かせグループみたいなのを
お友達と立ち上げて、
老人ホームとかで読み聞かせ活動していたりとかして、
”絵本”にとっても興味があります。

前も書いたけど、
家族を亡くしたり、
介護に疲れた方とか、
絵本の力でとっても蘇生されるみたいなんだ。

日本って、
お国柄的に、
芸術が、時間とか余裕がある人が楽しむ単なる余興、
後回しって感じだけど、
実際に蘇生されてる方の話とか聞くと、
ほんとはもっと大事にしないとって思うし、
芸術の力を感じる。
芸術を大事にする土壌のあるお国柄って
精神風土が深いというか、
成熟してるなぁって思う。
芸術を大事にするってことは、
一人ひとりの”心の楽しみ・癒し”を大切にするってことだから、
人間を大切にするお国柄ってことでしょ。

ってなんか、熱くなってきたので
この辺で終わりにします。
[PR]

by vincent_tae_gogh | 2010-08-13 10:09 | 絵本